タック動物病院 トップページ

埼玉県さいたま市南区のペットクリニック タック動物病院

アイコン 048-864-1299

診療について

診療方針

診療にあたっての心構え

近年、動物たちは飼い主の皆様の大切な家族の一員として、私たちと共に生活をするようになり、それに伴い我々獣医師に対しても、人間と同じような高いレベルの医療が求められるようになりました。

当院では飼い主の皆様の意見を大切にしながら、動物たちの健康管理はもちろん、病気の予防・治療に対する方針を決め、ご納得、ご理解頂けるまで、丁寧にご説明するように心がけております。

また難治性の疾患、あるいは専門的な知識を必要とする疾患に対しては、専門病院と密に連絡をとりあいながら、より高度な医療が提供できるようにしております。 飼い主の皆様と大切なパートナーたちが幸せに暮らせることを考え、良きホームドクターになれるように、スタッフ一同で日々努力していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

診療対象動物

診察出来るペットの種類

犬、猫、ウサギ、ハムスターを中心に診療を行っております。

診療対象動物

初めて来院される方へ

ペットとの来院時の注意点

  • 初めて当院に来られる場合は、その動物の生年月日・病歴・状態の変化などをできるだけ詳しくお伝えください。
  • ワンちゃんを連れてくるときは必ず首輪または胴輪に引綱をつけてください。ビックリして逃げてしまうこと を防ぎます。
  • ネコちゃんはケージやネットなどに入れてください。ビックリして逃げてしまうことを防ぎます。
  • 診療時間を必ずお守りくださいるようお願いします。(緊急時は除きます)
  • お連れになる動物の性格や状態をよく把握され、押さえられる大人の方がお連れください。
  • 咬む癖があったり、性格がきつく攻撃的なワンちゃん・ネコちゃんの場合は、診察を始める前にスタッフに知らせてください。
  • 症状については、関連がないと思われるようなことでも結構です。気になることは何でもお話しください。

診療内容

当院で受診可能な診療

一般診療
内科・外科・皮膚科・眼科等、幅広い一般診療を行っております。
予防診療
ワクチン接種やフィラリア予防をすることで、防げる病気があります。これらの病気は、発病してしまうと動物の体への負担が大変大きい病気です。また、犬の狂犬病予防接種は法律で義務づけられています。是非、予防しましょう。
※ワクチン接種は接種後の体調の変化を把握するため午前中に来院するようにしてください。
ノミ・ダニ予防
散歩で寄生されてしまうノミやダニ。一度寄生されてしまうとお家の中で増えてしまい、更に冬には超冬までしてしまいます。
また寄生と吸血によりアレルギー性皮膚炎や様々な病気を運んでくるもととなってしまいます。
こちらの予防も忘れずに。
ドックドック・キャットドック(予約制)
「お誕生日を迎えた」「8才を越えたワンちゃんネコちゃん」「元気だけど、最近チョット気になる事がある」
こんな時に、いつもよりも少し詳しく健康診断を受けてみませんか?動物も病気の早期診断、治療が大切です。体調が悪くても、言葉で表現できないあなたの大切な家族のために。
—内容—
一般身体検査・血液検査(肝臓の機能・腎臓の機能など)・超音波検査(心エコー検査・腹部エコー検査)・レントゲン検査(胸部・腹部)
※12時までにお預かりして、午後の診療時間内に帰宅できます。
各種一般検査
・血液検査(生化学検査器・自動血球計算器)
・超音波エコー
・心電図
・レントゲン
・眼圧測定
・ドライアイ検査 など
Penn HIP ペンヒップ(予約制)
PennHip(University of Pennsylvania Hip Improvement Program)とは—
現在、大型犬の股関節形成不全、骨関節炎が世界中で問題になっており、日本でも同じような状況です。
1983年にペンシルバニア大学のゲイル・スミス博士によりPennHipという検査法が確立されました。PennHip とは、3種類の体位でレントゲン撮影し、“股関節の緩み”により16週齢という子犬でも股関節形成不全(CHD)かどうか診断できます。また将来的に股関節形成不全に関連した変性性関節炎を起こす可能性を正確に予測することができる科学的な診断方法です。
ペンヒップ
PennHip検査を受けることにより、日常生活の中でどのようなことに注意すべきか、子供を産ませても問題ないか、といった情報が得られます。検査は予約制となります。詳しくは当院まで。
歯科処置(予約制)
年齢を重ねるごとに付着する歯垢や歯石。これらは口臭や歯石病の原因になるだけではなく、体に様々な悪影響をおよぼします。3歳を目安に歯科検診を受けましょう。
当院では、超音波スケーラーによる歯石除去を行っています。
※歯石除去は予約制です。
不妊/去勢手術

犬の去勢手術は早期に実施することにより問題行動(マーキング・攻撃性)の改善や、オス特有の前立腺・精巣の病気の予防します。不妊手術はメス特有の子宮・卵巣・乳腺の病気の予防につながります。

猫の不妊/去勢手術はマーキングや発情期の鳴き声の改善の他、他の猫とのトラブルによるケガや病気(エイズ・白血病)の予防に役立ちます。
詳しくは獣医師にお尋ねください。